海外製の健康食品についてお知らせします

日本、アメリカ、中国などの文化の違いを知ることも重要なんだな

海外の健康食品事情

健康食品情報「海外商品」

海外の健康食品事情「アメリカ」

「健康食品」の先進国は、アメリカって知ってましたか。あの夢の国は実は「健康食品大国」なのです。
なぜ、アメリカがそうなったのかというと、あの国では、日本みたいに自由に医療機関に行けない事情があります。国民健康保険のような制度がないのです。ですから、あの国で病気やケガなどを負った場合、全額実費で支払わなければいけないのです。
だから、アメリカでは病気や怪我の予防に力を入れているため、健康食品文化が進んでいるのです。日本からみると、海外製なので購入することに少し抵抗が出ることもありますが、実はあそこの健康食品は、品質などのレベルは高く、審査や監視体制もかなり厳しいものなのです。安心と安全の実力は、世界トップクラスと呼ばれているのです。

健康食品をインターネット通販で買う時には

「健康食品」をインターネットから買う場合、気をつけることがいくつかあります。
まずは、自分が望む商品の評判や価格、含まれる成分量などをチェックします(できるだけ、低価格でたくさん必要成分が摂れるものがいいですね)。おつぎは、その販売元が大手なのか否かを確認します。メジャー企業なら、それだけで安心感が得られますからね(健康のために摂ったのに副作用何てとんでもない)。そして、お試しキャンペーンがあると、より良いと思います。その効果は良し悪しがありますから、何とも言えませんが、できるだけ自分に有利な条件で選ぶようにしましょう。

海外の健康食品事情 中国の場合

「医食同源」というものがあります。中国で言われるものですね。「健康は食べることで成り立つ」といった感じの意味でしょうか。
この国では、いろんな自然成分を食材として使い、健康に役立てる文化があるのです。漢方系などが有名でしょうか。
そして、先日書いた「アメリカ」に次いで、二番手につく健康食品の売り上げ状況なのです。なんか以外ですよね(漢方で何とかしてそうですから)。そして、いつかトップの座につくと予想もされています。ただ、ダイエットや疲労回復系の商品がダントツで売れていて、予防というものではなくて、裕福になったおかげで余分なものが付いたため、それを改善すると言ったものが売れているようです。これからまだまだ発展する国なので、日本企業もチャンスなのではないでしょうか。